爪水虫は治りにくい厄介水虫|しっかり医師に相談して治療しよう

医者

症状の確認

doctor

排便時に血が出る・痛くて排便が出来ない。代表的な痔の症状になりますがあまり知られていない事実もあります。痔は何なのか・そしてどのような症状があるのかなど知識を植え付けることで、痔の改善や予防に繋がるのです。イメージとしては血が出て痛いに当てはまりますが実際、痛みを生じない痔もあります。この場合出血もないので中々早期発見に至らないでしょう。一口に痔といっても様々な症状があります。意外にも複雑な構造をしているお尻は、歯状線と呼ばれる毛細血管が集合している部分は上の部分に差し掛かると痛みを感じる神経が通っていません。血管や神経など様々な通り道になっているほか、伸縮性などまったく違う組織が入り交じっている場所こそデリケートなお尻になっており、複雑だからこそ発見が遅くなるのです。

痔といっても一種類だけではありません。いぼ痔やきれ痔・痔ろうといった三つの症状があります。いぼ痔とは、肛門付近に出来るいぼ状の腫れになります。内側に出来るものから外側に出来るものまであり、排便時や無理ないきみ・便秘で負荷がかかったことによる発症が認められています。血液循環も非常に悪いので場合によってはうっ血や強い腫れに悩まされるでしょう。内側に出来る場合ほとんど痛みがなく出血で初めて痔であることに気づきます。排便時は病気かと思うくらい血液が出ますし症状が悪化すると強い痛みを生じる為早急に治療をしないといけません。きれ痔は女性に多いと言われており、排便時の強い痛みで出血します。また傷口に沿って便が排出されるので辛いでしょう。出血はそれほどありません。痔ろうになると、40度近い熱にうなされます。化膿して腫れ上がっているので強い痛みに我慢の限界もくるでしょう。膿のトンネルが出来ているので下着も常に汚れています。市販薬で完治させることは難しく手術が必要になる可能性もあります。その場合、皮膚科でも治療を受けることが出来るので、まずは皮膚科を受診してから治療を行なっていくと良いでしょう。